決算項目を理解しよう|適切なタイミングで行ないたい不動産売却|利回りのよい収益物件
集合住宅のイラスト

適切なタイミングで行ないたい不動産売却|利回りのよい収益物件

決算項目を理解しよう

セミナー

借入の扱いを知ろう

投資用ワンルームマンションで不動産投資を始めると、確定申告が必要になってきます。確定申告とは、毎年1月から12月までの1年間にわたって投資用ワンルームマンションで得た収入と支払った費用を計算して、税務署に報告する作業のことを言います。確定申告を行うにあたって、まず、決算書を作る必要があります。不動産投資を始めたばかりで、確定申告に不慣れな人は、まずこの決算書の作成で躓きます。なぜならば、決算書を作成するためには一定のルールがあるからです。不動産投資の素人が間違えやすい項目を押さえておきましょう。その1つ目が投資用ワンルームマンションをローンを組んで購入した際の返済金の扱いです。返済金の全てを費用と考える人が少なからずいます。

減価償却費を知ろう

しかし、返済金は引き落とされた分の全てが費用となるわけではありません。返済金の内訳は元金部分と利息部分となっています。毎年、確定申告として計上できるのは、この2つのうち利息部分のみです。元金部分は負債が減少しただけであって、費用とはなりません。つまり、キャッシュアウトはあるものの、費用とはみなされないのです。これと反対の現象が起きているものが減価償却費です。減価償却費とは建物の経年劣化部分を費用として認めるというものです。減価償却費という支払いは発生しませんが、費用として計上してよいことになっています。つまり、キャッシュアウトのない費用というわけです。投資用ワンルームマンションで運用をする際には、この2つの特徴を押さえておきましょう。